> ガス料金の計算方法

ガス料金の計算方法

毎月のガス料金は基本料金と設備利用料と従量料金の合計で計算されます。

基本料金

安定供給の為に保安経費に充当する料金です。

設備利用料

調整器・高圧ホース・メーター・配管等のLPガスを供給する設備に充当する料金です。

従量料金

ガス原料費・配送経費等に充当するもので使用量に応じ単価に乗じて算定する料金です。

例)LPガスを月間15㎥ご使用の場合 消費税率8%

10,044円=基本料金1,450円+設備利用料650円+従量料金7,200円(10㎥×520円+5㎥×400円)+消費税774円

料金区画(消費税等抜き)の一例

基本料金 1,450円
設備利用料 650円
従量料金 ㎥
0~10.0 520円/㎥
10.1~ 400円/㎥

ガスの正しい使い方

ガス器具をご使用の際は

新しくガス器具をご使用の際は、LPガス専用の器具であることを確認して下さい。都市ガス用器具は使用できません。
ガス器具は、取扱い説明書をよく読んでから、正しくご使用下さい。保証書は大切に保管して下さい。

点火・消火は必ず目で確認を

火がついたかどうか、使用後火が消えたかどうか必ず目で確認して下さい。

ガス器具の近くに、燃えやすいものを置かないで下さい。

風や煮こぼれで火が消えたり、天ぷらを揚げている時に鍋の中の油に火がつくことがあり、大変危険です。その場を離れないようにして下さい。

換気はしっかり忘れずに

室内でガス器具を使用する際は換気扇を回したり、時々窓を開けて十分換気して下さい。

小型湯沸器は長時間使用しないで下さい。

LPガスが行う保安サービス

  • 周知 使用上の注意点や事故を起こさない為の情報などを定期的に文章等でお知らせします。1回/1年
  • 供給開始時点検・調査 ガス器具も含めたLPガス設備全体の点検・調査 供給開始時
  • 定期供給設備点検 ガス漏れの有無など、調整器からガスメーターの供給設備の点検を行います。1回/4年
  • 緊急時連絡と緊急時対応 ガス漏れなどの時、速やかに対応します。緊急時は24時間対応
  • 容器交換時等供給設備点検 容器の転倒防止の確認など、容器まわりの点検 容器交換時
  • 定期消費設備調査 ガス器具、給排気、ホース、配管などの消費設備の調査を行います 1回/4年

<保安点検のお願い>

お客様に安全にLPガスをご使用頂く為に、室内外の消費設備について、法律に基づき4年に1回の保安点検の実施が義務付けられております。
該当時期になりますと、当社より実施のお知らせを致します。お客様のご都合に合わせて点検を致しますので、ご協力をよろしくお願い致します。

LPガス設備の管理責任

LPガス設備の管理責任は、下記のように分かれています。

供給設備

LPガス容器(ボンベ)からガスメータまでは供給設備といい、LPガス販売事業者が責任を持って維持管理を行います。

消費設備

ガスメータの出口からコンロ、湯沸器などの設備までは消費設備といい、ガスをお使いのお客様にて維持管理していただくことになっています。

Copyright(c) 2016 Takako Trust Co.,Ltd, All Rights Reserved.

TOP