大規模修繕工事

3つのプロジェクトをひとつとして、
考えるのが高光トラストのポリシーです。

建物診断

高光トラストは、しっかりとした建物診断があるから健全な長期修繕計画が成り立ちます。そして長期修繕計画は大規模修繕工事へと円滑に進んで行きます。

建物管理の基本。この3つのプロジェクトはひとつのサークルとして固く結ばれています。長期に渡って差がつく大規模修繕。それが高光トラストの品質です。

高光トラストのポリシー

高光トラストの大規模修繕『成功』マニュアル

STEP01 大規模修繕工事の行なっていくことの意思確認

高光トラストは入居者の皆様に 大規模修繕工事を進めていくことの意思統一を図っていきます。 同時に必要アナウンスをしていきます。 大規模修繕工事のカギは、工事開始までの準備にあります。 当社は、工事着工まで1~2年の準備期間を設けて全ての不安を解決します。

  • なぜ大規模修繕工事を行うことになったのかの説明
  • 工事予定時期
  • 工事予定金額
  • 今後の資金計画(長期修繕計画)
  • 予定工事内容
  • 修繕委員会・理事会運営(業者決定・工事説明会・着工・工事完了説明会)

STEP02 修繕委員会の設置

大規模修繕工事を進めるにあたり計画から実施完了まで最短でも1年半から2年、前準備を含めると更に日数が必要となります。このため1年任期の理事会では中途になってしまうため、大規模修繕工事を通して進めていく修繕委員会の設置が必要となります。

修繕委員会の設置にあたり

入居者へのお願い

修繕委員が選任され活動が開始しますが、工事金額・工事時期・工事内容・施行業者・委員会の進め方などは修繕委員会と理事会にて決定していく決定権を承認してもらうことが必要です。 この理事会・修繕委員会にご意見の有る方はぜひ修繕委員に入って論議していただきましょう。

修繕委員会の権限について

修繕委員会は理事会の諮問機関であるため決定の権限はありません。このため方針をまとめ、理事会に報告し理事長の承認を得ることが必要です。

構成メンバーについて

構成メンバーは建築関係の方に限らず幅広い方の参加が良いと思われます。 人数も特別決める必要はないと思われます。

メンバーの選任の仕方

選任の方法はいろいろありますが、立候補でなかなか人数が集まらない場合は、自薦他薦問わない旨のアンケートを行なうこととし、候補名があがった票数の高い人を中心に理事会にて選びだし、候補者へ修繕委員の依頼承認を得て、選任します。(選任決定報告が必要)

STEP03 大規模修繕工事までの進め方を決定

大規模修繕工事を進めるために以下のような方法があります

責任施工方式(自主)

理事会と修繕委員会が全て(工事内容・業者・工事時期・入居者へのアプローチ・工事検査確認など)を進めていく方式となります。 工事は施工業者と直に契約を行います。

設計監理方式(第三者)

大規模修繕工事までのアプローチと工事の基本設計仕様の策定、工事の監理(指導監督)、入居者の皆様への広報活動などを第三者機関に依頼する方式で主に改修工事の設計監理を行っている設計事務所などが行うことが多いです。 工事に関しては、設計監理者と施工業者のそれぞれと契約を行います。

  1. 修繕委員会の立上げ
  2. 修繕計画
  3. 各所アンケートの実施
  4. 見積り参加業者公募
  5. 工事業者の選択
  6. 実施工事計画
  1. 工事説明会の開催
  2. 工事着工
  3. 各種検査
  4. 工事完了・引越し
  5. アフター対応(1・3・5年)

スケジュールサンプル

例: 平成19年12月工事完了を目指したAマンション大規模修繕計画(3月から開始)

3月 定期総会
  1. 大規模修繕工事を考えていくことの承認を得る
  2. 修繕委員会の発足提案
6月 修繕委員会発足
方針などを決定し臨時総会にて承認を頂く準備
9月 臨時総会
  1. 大規模修繕工事を行う確認
  2. 修繕委員会メンバーの承認
  3. 大規模修繕工事までの進め方の承認
10月~翌年3月 修繕委員会スタート
定期総会
進捗報告・予定報告・決定事項報告
8月 工事説明会開催
9月 大規模修繕工事着工
12月 大規模修繕工事完了・完了報告会開催

お問い合わせ

0120-323-357

受付時間 平日 10:00〜17:00 休日 10:00〜15:00

メールでのお問い合わせはこちら

Copyright(c) 2016 Takako Trust Co.,Ltd, All Rights Reserved.

TOP